スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualPC2007を導入してみた

VirtualPC
01 /07 2009

Micorosoftから、VirtualPC2007をダウンロードし、インストールしてみた
私のPCはWindowsXP Home Edition(SP3)であり、VirtualPCのホストOSとしては対象外。
インストール時と最初の起動時に警告が表示されたが、[OK]を押すことで、特に問題なく導入できた。

試しに、Windows2000をインストールしてみた。
インストールが始まるまでは苦労した。
まずCDを入れてもVirtualPCが認識しない。XP側ではオートランが正常に走るのに。
仕方がないので、起動用フロッピーを作成することにした。
が、私のPCにはフロッピードライブがない。
そこで、仮想FDのソフトを急遽インストールして、これを使って4つのFDイメージファイルを作成した。
これをVirtualPCに認識させることで、どうにかインストールが始まった。
FDの読み込みが終われば、後は正常にCDの読み込みが始まり、以後はスムーズに進んだ。

インストールが終わった後は、特に問題なくWin2000を使用できている。
しかし、いかにCore 2 Duoとはいえ、さすがにメモリ1GBのマシンでは、重い。Win2000に400MBを割り当ててみたが、それでもゲストOS、ホストOSともに頻繁にスワップが発生しているようだ。

マウスの操作になれるまでは、少しとまどう。
ゲストOSの画面上でマウスをクリックすると、マウスはゲストOSの制御下になり、ゲストOSの画面から出ることが出来ない。
右ALTキーを押すことで、ホストOSの制御下に戻る。
混乱を少しでも解消するため、Win2000側のマウスカーソルを金色に変えた。

ネットワークも問題ない。
Win2000上で、IEやOutlook Expressを使うことが出来た。
また、共有フォルダを作れば、マイネットワーク経由でファイルの共有が出来る。

IEを5.0から6.0に、WMPを9から10にバージョンアップ。
さらにFairUse4Wmをインストールして、GyaoやYahoo動画のDRMを外せるかどうか試みた。
(少しグレーな作業ではあるが・・)
が、残念ながら解除キーの認識に失敗してしまい、うまく行かなかった。
DRM解除がしたければ、ゲストOSにもWindowsXPをインストールした方が良さそうだ。

Win2000はそもそも、VirtualPCを試す目的でインストールしただけであり、それ以外には目的がない。
もう使うことは無いだろう。
ただ、私のPCは(メモリは足りないが)HDDには余裕があるので、削除はしない。

コメント

非公開コメント

Paq

忘れっぽい中年プログラマが、日々の開発作業の中で、忘れると困ることを書き留めています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。