スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

docxを開くときに「このファイルを開く方法を選んでください」となった場合の修復手順

Windows
12 /02 2015
現在、Windows10とOffice2013を使用している。
数日前から、docxファイルを開こうとすると、「このファイルを開く方法を選んでください」というダイアログが出るようになった。
その場で「Word(デスクトップ)」を選んでやれば、後は普通に使えるのだが、毎回これが出るのは鬱陶しいし、システムを正常でない状態のままにしておくのは気持ちが悪いので、修復することにした。
実はWindows8.1の頃にも同じような現象になったことがあり、今回が2度目か3度目だ。毎回手順を調べるのも面倒なので、ここに整理しておく。

1. 復元ポイントの作成
この手順は必須ではないが、システムに何か変更を加えるときには、事前に「復元ポイントの作成」を実行しておき、万が一の場合にでも元に戻せるようにしておくと良い。
復元ポイントの作成については、他サイトのこちらこちらの記事が詳しく書いてあるので、そちらを参考に。

2. 「既定のプログラム」の確認
Wordのインストール状態が正しいか、何らかの理由で破損しているのかを調べる。
(1) コントロールパネルを開く。
方法はいろいろあるが、[Win]+[X]を押して[P]が確実で早いと思う。

(2) 既定のプログラムを選ぶ。
(2-a) コントロールパネルの表示方法が「カテゴリ」の時は、「プログラム」を選び、
コントロールパネル カテゴリ 1

次に「既定のプログラム」の下にある「既定のプログラムの設定」を選ぶ。
コントロールパネル カテゴリ 2

(2-b) コントロールパネルの表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の時は、「既定のプログラム」を選び、
コントロールパネル アイコン 1

「既定のプログラムの設定」を選ぶ。
コントロールパネル アイコン 2

(3) Wordがあるかどうか確認
少し待つと、以下のように、このコンピュータにインストールされているプログラムが一覧表示されるはず。
規定のプログラム1
前置きが長くなったが、ここで確認して欲しいのは、一覧の中に「Word(デスクトップ)」があるかどうか。
Wordを正しくインストールしたのであれば、本来、上図のように「Word(デスクトップ)」が表示される。
しかし、何らかの理由で、これが表示されなくなってしまう事がある。実際、私がそうだった。
不思議なことに「Excel(デスクトップ)」や「Powerpoint(デスクトップ)」など他のOfficeアプリはある。Wordだけ無い。以前(Windows8.1の頃)も同じだった。
「Word(デスクトップ)」が表示されていれば 4. へ。表示されていなければ 3. へ。

3. Officeの修復
「既定のプログラム」の一覧の中に「Word(デスクトップ)」が表示されないのは、Officeが破損しているせいなので、以下の手順でOfficeを修復する。
(1) 再びコントロールパネルを開く。
上から順に手順を踏んでここまで辿り着いたのなら、「既定のプログラム」画面が開いているはず。
その画面の左上にある「←」ボタンでコントロールパネルのトップに戻ることができるが、この画面は後で使うので開きっぱなしにしておいて、新たにコントロールパネルを開くと良い([Win]+[X]を押してから[P]を押す等)。

(2) 「プログラムと機能」を選択
(2-a) コントロールパネルの表示形式が「カテゴリ」の場合は、まず先ほどと同様に「プログラム」を選び、次に「プログラムと機能」を選ぶ。
コントロールパネル カテゴリ 3

(2-b) コントロールパネルの表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の時は、「プログラムと機能」を選ぶ。
コントロールパネル アイコン 3

(3) 修復
「プログラムのアンインストールまたは変更」画面になるので、一覧から Microsoft Office を探して、上部にある「修復」を押す。
プログラムと機能

「Officeをどのように修復しますか?」と聞かれるので、クイック修復を選んで(自動的に選択されているはず)「修復」。
Officeの修復ダイアログ

Excel等の関連アプリが開いている場合は、閉じるように言われる。
しばらく待つと、修復が完了する。
Officeの修復 完了
「閉じる」を押す。
「プログラムのアンインストールまたは変更」画面に戻る。この画面はもう使わないので閉じて良い。

4. 「既定のプログラム」の設定
(1) 状況確認
上述の 2. 「既定のプログラム」の確認 で、一覧の中にWordがあった人は3.を飛ばしてこの章に、Wordがなかった人は3.で修復してこの章に辿り着いていることと思う。
よってこの時点で「既定のプログラム」の一覧を見ると、「Word(デスクトップ)」が表示されているはず。
「既定のプログラム」を開きっぱなしにしたままで修復を行った人は、いったんメニューバーの[表示(V)] - [最新の情報に更新(R)]を押すと良い。
(どうやっても「Word(デスクトップ)」が表示されない場合、申し訳ないが私にはお手上げだ。以下の記事は役に立たない。)

(2) Wordを選択
「Word(デスクトップ)」を選び、「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」を押す。
Wordの選択 1
なお「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」を押しても差し支えないとは思うが、いい機会なのでここで詳細画面を確認しておくことをお勧めする。

(3) 拡張子の関連付け
Officeの修復をした場合でもしなかった場合でも、.docx の関連付けが外れている場合がある。
もし .docx の行のチェックボックスがオフになっていたら、オンにする。
Wordの選択 2
同様に、.doc など、Wordで開きたい拡張子のチェックボックスがオフになっていたら、オンにする。
よく分からない拡張子は、いじらなくて良い。
最後に「保存」。
なおこの画面では、チェックボックスをオフからオンにする事はできるが、オンをオフにする事はできないようなので、まちがってオンにしたら保存せずにキャンセルして、画面を開き直す。

(4) Excelの確認
Officeの修復をした場合、.xlsx の関連付けが外れてしまう場合がある。私がそうだった。
これにより、修復前は「docxを開く度にダイアログが出るが、xlsxは普通にExcelで開くことができた」人でも、
修復後は「xlsxを開く度にダイアログが出る」ようになってしまう事がある。
これを直すには、(2)(3)と同様の手順を行う。簡単に言うと以下の通り。
・「規定のプログラムを設定する」画面の一覧から「Excel(デスクトップ)」を選ぶ。
・「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」を押す。
・.xlsxのチェックボックスをオンにして「保存」。

以上で完了。PCの再起動は必要ない。(私はそうだった。再起動したければすれば良い。損はない。)
これで、docxでWordが、xlsxでExcelが普通に開けるようになったはずだ。

コメント

非公開コメント

Paq

忘れっぽい中年プログラマが、日々の開発作業の中で、忘れると困ることを書き留めています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。