サインイン オプション

Windows
01 /02 2016
はじめに:
もし検索エンジンなどでこのブログに辿り着いた人が居たとして、この記事を読んでも、解決のお手伝いにはならないと思う。
以下を読んでもあまり得るものがないだろうから、忙しい方は、他のサイトに行くことをお薦めする。



メインPCのOSをWindows8.1から10に変えたのは、2015年9月上旬だったと思う。
Windows8.1を使っていた頃、サインインにPINコードを使っていた。パスワードよりPINの方が入力が簡単だし、PINの方が安全だという話だったので。
しかしWindows10になってから、PINでサインインすることができなくなってしまった。「サインイン オプションの変更」画面を開いて、PINの「変更」をクリックすると、フリーズしてしまうのだ。(Windows全体が固まるわけでは無いので、タスクマネージャでコントロールパネルを終了させればフリーズは解除される)
いろいろ調べたが、情報が出揃っていなかった時期だったので、原因も解決策も分からなかった。
「放っておけばそのうちWindows10がアップデートされて直るかもしれない」と思い、PINを諦めてパスワードでのサインインを使っていた。

あれから3ヶ月。
本日、試しに「サインイン オプションの変更」画面を開いて、PINの「変更」をクリックすると、正常に先に進むことができた。
いつの間にか問題が解消されていた事になる。そういえば昨日、Windowsのアップデートがあり、「更新してシャットダウン」を選んだのだが、それが効いたのかもっと前から直っていたのかは、今となっては分からない。

4桁のPINコードには、既に何かが登録されているようだ。Windows8.1時代の値が保持されているに違いない。
データは壊れていなかったがUIが壊れていた、といったところだろうか。
(余談だが、PINの下に「ピクチャ パスワード」が使えるようになっているのだが、こちらは今まで1度も使っていないため、「変更」「削除」でなく「追加」ボタンが表示されていた)
PINの「変更」画面で何もせずにキャンセルし、Windowsをログオフして、サインイン オプションをPINにしてみた。
見事に、Windows8時代の4桁のコードでサインインできた。

結局、「いつの間にか直っていた」としか言いようがない。原因も解決策も不明のままだ。
解決した理由は、個人的な推測では、Windows自体が強化された(というかバグが直った)のではないかと思う。だとしたらもう2度と同じ現象にはならない筈だ。
しかし、同じ現象が何かのはずみで再発したりしたら、もうどうすれば分からない。何も教訓がないからだ。「3ヶ月待っていたらいつの間にか直った」以外に得たものがない。
スポンサーサイト

Paq

忘れっぽい中年プログラマが、日々の開発作業の中で、忘れると困ることを書き留めています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。