FAX送信サービス比較

その他の話題
01 /09 2009

各種の文書ファイルをFAXで送信したい。 簡単確実な方法は、プリンタで印刷してFAX機から送信する方法だ。 が、これだと紙を消費するし、ファインモードであっても細かい文字はつぶれてしまう。やはりデジタルなデータはデジタルのまま送りたい。 FAXモデムを使う方法もあるが、今手元にはFAXモデムがない。少量の送信をしたいだけなのでわざわざ買ってくるのももったいないし、今時FAXモデムを使うというのも時代に逆行している気がする。 やはりここは、Web上のサービスを利用したい。 という事で、今利用するならどこのサービスがよいか、調べてみた。 安いこと、月々の基本料がかからないこと、メールかブラウザだけで送れること、最低でもPDF対応(できればdocやxlsにも対応していて欲しい)が条件である。

D-FAX

登録すると020で始まる電話番号がもらえて、FAXからパソコンへの送信が無料で出来るようになる。送信側には料金がかかる。 Webで検索してみると「パソコンからFAXへの送信もできる」という情報があったが、D-FAXのサイトで調べてみたところ、これは出来ない模様。残念。

結論:基本的に出来ない

e-ネコWebFAX

初期導入費用:無料 月額基本料金:無料 1枚あたりの送信料:25.2円(ファイン37.8円)夜間割引有り

最も安い。 が、残念ながら法人契約のみだった。 個人でも頼めば加入させてくれるのかもしれないが、そこまでは調べていない。

結論:法人のみ

@nifty FAX出力サービス

1枚あたりの送信料:テキスト42円 、画像126円

画像を送ると高い。 それ以前に、このサービスは @nifty.com 会員専用だった。 niftyには、@nifty.com と @nifmail.jp の2種類のメールアドレスがある。 前者はniftyの接続サービスを利用している会員、後者は無料のWeb会員。(詳しい説明) 私はCATVを利用しているので、@nifty.com のアドレスは持っていないし申し込むつもりもない。

結論:nifty接続サービスを申し込まないとダメ

BIGLOBE FAX配信サービス

1枚あたりの送信料:42円(海外は別料金)

BIGLOBE会員になる必要があるが、「BIGLOBEサービス会員でない方も月額基本料不要の「コンテンツ」コースに申し込めばご利用いただけます。」との事。 このあたりniftyも見習って欲しい。 コンテンツコースは初期費用も月額基本料も無料なので、FAX送信のためだけに入会しても損はない。

iFAX(インターネットFAX)

初期導入費用:無料 月額基本料金:6.3円 1枚あたりの送信料:25.2円 夜間19.95円

NTT Communicationsのサービスだけ合って、固定電話(NTT東日本・西日本)を持っていることが条件。 我が家にもNTT回線はあるので、これは問題ない。 個人のお客さま向けサービス一覧のページを見るとiFAXは「法人向けサービス」に分類されているようだが、「個人事業~中小法人のお客さま」という分類もあるようなので、「個人事業主だ」と主張すれば受け入れてくれるのではないだろうか。

以上5社を比較検討してきた。最終候補はBIGLOBEiFAX。 両者を費用面で検討してみる。 iFAXの方が1枚あたりの料金は安いが、月額基本料がかかる。 25.2 ?+6.3*3 = 44.1 19.95+6.3*3 = 38.85 なので、3ヶ月に1枚FAX送信する程度の頻度であれば、両者はほぼ同程度。 それ以上の頻度(2ヶ月に1枚以上)送るならiFAXの方が安い。 4ヶ月に1枚以下の頻度であればBIGLOBEの方が安い。

iFAXで「1枚送ったら解約(休止)、送りたくなったら再開」するような柔軟な対応が出来るならiFAXがベストだが、申し込んでからサービス開始までに1週間程度かかるらしい。FAXはたいてい「今すぐに送りたい」ので、解約~再開の繰り返しが仮に出来たとしても現実的では無さそうだ。

私の場合、FAXを送る頻度はおそらく半年に1度程度。 また固定料金サービスはいったん申し込んだらなかなか解約しない性格なので、おそらくiFAXでは無駄がある。

と言う事で、BIGLOBEに申し込んでみることにした。 BIGLOBEのアカウントを持つのは、PC-VAN時代以来なので十数年ぶりだ。 Web上でクレジットカードなどを入力したら仮パスワードが発行され、すぐに会員サービスが利用できるようになった。 さっそくFAX送信のテストをしてみよう・・かと思ったが、42円かかるので保留。 後でやろう。

Paq

忘れっぽい中年プログラマが、日々の開発作業の中で、忘れると困ることを書き留めています。