サインイン オプション

Windows
01 /02 2016
はじめに:
もし検索エンジンなどでこのブログに辿り着いた人が居たとして、この記事を読んでも、解決のお手伝いにはならないと思う。
以下を読んでもあまり得るものがないだろうから、忙しい方は、他のサイトに行くことをお薦めする。



メインPCのOSをWindows8.1から10に変えたのは、2015年9月上旬だったと思う。
Windows8.1を使っていた頃、サインインにPINコードを使っていた。パスワードよりPINの方が入力が簡単だし、PINの方が安全だという話だったので。
しかしWindows10になってから、PINでサインインすることができなくなってしまった。「サインイン オプションの変更」画面を開いて、PINの「変更」をクリックすると、フリーズしてしまうのだ。(Windows全体が固まるわけでは無いので、タスクマネージャでコントロールパネルを終了させればフリーズは解除される)
いろいろ調べたが、情報が出揃っていなかった時期だったので、原因も解決策も分からなかった。
「放っておけばそのうちWindows10がアップデートされて直るかもしれない」と思い、PINを諦めてパスワードでのサインインを使っていた。

あれから3ヶ月。
本日、試しに「サインイン オプションの変更」画面を開いて、PINの「変更」をクリックすると、正常に先に進むことができた。
いつの間にか問題が解消されていた事になる。そういえば昨日、Windowsのアップデートがあり、「更新してシャットダウン」を選んだのだが、それが効いたのかもっと前から直っていたのかは、今となっては分からない。

4桁のPINコードには、既に何かが登録されているようだ。Windows8.1時代の値が保持されているに違いない。
データは壊れていなかったがUIが壊れていた、といったところだろうか。
(余談だが、PINの下に「ピクチャ パスワード」が使えるようになっているのだが、こちらは今まで1度も使っていないため、「変更」「削除」でなく「追加」ボタンが表示されていた)
PINの「変更」画面で何もせずにキャンセルし、Windowsをログオフして、サインイン オプションをPINにしてみた。
見事に、Windows8時代の4桁のコードでサインインできた。

結局、「いつの間にか直っていた」としか言いようがない。原因も解決策も不明のままだ。
解決した理由は、個人的な推測では、Windows自体が強化された(というかバグが直った)のではないかと思う。だとしたらもう2度と同じ現象にはならない筈だ。
しかし、同じ現象が何かのはずみで再発したりしたら、もうどうすれば分からない。何も教訓がないからだ。「3ヶ月待っていたらいつの間にか直った」以外に得たものがない。

docxを開くときに「このファイルを開く方法を選んでください」となった場合の修復手順

Windows
12 /02 2015
現在、Windows10とOffice2013を使用している。
数日前から、docxファイルを開こうとすると、「このファイルを開く方法を選んでください」というダイアログが出るようになった。
その場で「Word(デスクトップ)」を選んでやれば、後は普通に使えるのだが、毎回これが出るのは鬱陶しいし、システムを正常でない状態のままにしておくのは気持ちが悪いので、修復することにした。
実はWindows8.1の頃にも同じような現象になったことがあり、今回が2度目か3度目だ。毎回手順を調べるのも面倒なので、ここに整理しておく。

1. 復元ポイントの作成
この手順は必須ではないが、システムに何か変更を加えるときには、事前に「復元ポイントの作成」を実行しておき、万が一の場合にでも元に戻せるようにしておくと良い。
復元ポイントの作成については、他サイトのこちらこちらの記事が詳しく書いてあるので、そちらを参考に。

2. 「既定のプログラム」の確認
Wordのインストール状態が正しいか、何らかの理由で破損しているのかを調べる。
(1) コントロールパネルを開く。
方法はいろいろあるが、[Win]+[X]を押して[P]が確実で早いと思う。

(2) 既定のプログラムを選ぶ。
(2-a) コントロールパネルの表示方法が「カテゴリ」の時は、「プログラム」を選び、
コントロールパネル カテゴリ 1

次に「既定のプログラム」の下にある「既定のプログラムの設定」を選ぶ。
コントロールパネル カテゴリ 2

(2-b) コントロールパネルの表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の時は、「既定のプログラム」を選び、
コントロールパネル アイコン 1

「既定のプログラムの設定」を選ぶ。
コントロールパネル アイコン 2

(3) Wordがあるかどうか確認
少し待つと、以下のように、このコンピュータにインストールされているプログラムが一覧表示されるはず。
規定のプログラム1
前置きが長くなったが、ここで確認して欲しいのは、一覧の中に「Word(デスクトップ)」があるかどうか。
Wordを正しくインストールしたのであれば、本来、上図のように「Word(デスクトップ)」が表示される。
しかし、何らかの理由で、これが表示されなくなってしまう事がある。実際、私がそうだった。
不思議なことに「Excel(デスクトップ)」や「Powerpoint(デスクトップ)」など他のOfficeアプリはある。Wordだけ無い。以前(Windows8.1の頃)も同じだった。
「Word(デスクトップ)」が表示されていれば 4. へ。表示されていなければ 3. へ。

3. Officeの修復
「既定のプログラム」の一覧の中に「Word(デスクトップ)」が表示されないのは、Officeが破損しているせいなので、以下の手順でOfficeを修復する。
(1) 再びコントロールパネルを開く。
上から順に手順を踏んでここまで辿り着いたのなら、「既定のプログラム」画面が開いているはず。
その画面の左上にある「←」ボタンでコントロールパネルのトップに戻ることができるが、この画面は後で使うので開きっぱなしにしておいて、新たにコントロールパネルを開くと良い([Win]+[X]を押してから[P]を押す等)。

(2) 「プログラムと機能」を選択
(2-a) コントロールパネルの表示形式が「カテゴリ」の場合は、まず先ほどと同様に「プログラム」を選び、次に「プログラムと機能」を選ぶ。
コントロールパネル カテゴリ 3

(2-b) コントロールパネルの表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の時は、「プログラムと機能」を選ぶ。
コントロールパネル アイコン 3

(3) 修復
「プログラムのアンインストールまたは変更」画面になるので、一覧から Microsoft Office を探して、上部にある「修復」を押す。
プログラムと機能

「Officeをどのように修復しますか?」と聞かれるので、クイック修復を選んで(自動的に選択されているはず)「修復」。
Officeの修復ダイアログ

Excel等の関連アプリが開いている場合は、閉じるように言われる。
しばらく待つと、修復が完了する。
Officeの修復 完了
「閉じる」を押す。
「プログラムのアンインストールまたは変更」画面に戻る。この画面はもう使わないので閉じて良い。

4. 「既定のプログラム」の設定
(1) 状況確認
上述の 2. 「既定のプログラム」の確認 で、一覧の中にWordがあった人は3.を飛ばしてこの章に、Wordがなかった人は3.で修復してこの章に辿り着いていることと思う。
よってこの時点で「既定のプログラム」の一覧を見ると、「Word(デスクトップ)」が表示されているはず。
「既定のプログラム」を開きっぱなしにしたままで修復を行った人は、いったんメニューバーの[表示(V)] - [最新の情報に更新(R)]を押すと良い。
(どうやっても「Word(デスクトップ)」が表示されない場合、申し訳ないが私にはお手上げだ。以下の記事は役に立たない。)

(2) Wordを選択
「Word(デスクトップ)」を選び、「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」を押す。
Wordの選択 1
なお「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」を押しても差し支えないとは思うが、いい機会なのでここで詳細画面を確認しておくことをお勧めする。

(3) 拡張子の関連付け
Officeの修復をした場合でもしなかった場合でも、.docx の関連付けが外れている場合がある。
もし .docx の行のチェックボックスがオフになっていたら、オンにする。
Wordの選択 2
同様に、.doc など、Wordで開きたい拡張子のチェックボックスがオフになっていたら、オンにする。
よく分からない拡張子は、いじらなくて良い。
最後に「保存」。
なおこの画面では、チェックボックスをオフからオンにする事はできるが、オンをオフにする事はできないようなので、まちがってオンにしたら保存せずにキャンセルして、画面を開き直す。

(4) Excelの確認
Officeの修復をした場合、.xlsx の関連付けが外れてしまう場合がある。私がそうだった。
これにより、修復前は「docxを開く度にダイアログが出るが、xlsxは普通にExcelで開くことができた」人でも、
修復後は「xlsxを開く度にダイアログが出る」ようになってしまう事がある。
これを直すには、(2)(3)と同様の手順を行う。簡単に言うと以下の通り。
・「規定のプログラムを設定する」画面の一覧から「Excel(デスクトップ)」を選ぶ。
・「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」を押す。
・.xlsxのチェックボックスをオンにして「保存」。

以上で完了。PCの再起動は必要ない。(私はそうだった。再起動したければすれば良い。損はない。)
これで、docxでWordが、xlsxでExcelが普通に開けるようになったはずだ。

Group Policy Client サービス

Windows
10 /08 2014
Windows8.1を使うようになってから7ヶ月が経った。

数日前、息子用にアカウントを作成した。
アカウントの種類は、「標準」でも「管理者」でもなく「子供」にした。
「標準」との違いはよく分からないが、まあ「標準」より制限が厳しいのだろう。
とりあえずGoogle Chromeさえ使えれば良いし、余計な操作をさせたくないので、制限は厳しい方がいい。
しばらく使ってみたが、特に問題はなかった。

ところが2日ほど前から、私のアカウント(管理者)でログインすると、

windows サービスに接続できませんでした。Group Policy Clientサービスに接続できませんでした。このため、標準ユーザーはこのシステムにログオンできません。管理者ユーザはシステムイベントログを参照して、このサービスが応答しなかった原因を確認できます。

というメッセージが表示されるようになった。
私のアカウントでは問題なく使えているが、息子のアカウントでログインしようとすると

Group Policy Clientサービスに接続できませんでした。

というエラーになり、ログインできなくなっていた。

まず、イベントログを確認してみた。
(Win+X → [イベント ビューアー] → [Windows ログ] → [システム])
すると、以下のエラーが発生していた。

Group Policy Client サービスを、次のエラーが原因で開始できませんでした:
そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした。


イベントビューアー

次に、Group Policy Clientサービスの状態を確認してみた。
(Win+X → [コンピューターの管理] → [サービスとアプリケーション] → [サービス])
すると、Group Policy Clientというサービスは、存在していたが「実行中」になっていなかった。
サービス(適用前)
ただし、以前は「実行中」になっていたのかどうかまでは分からない。

何が原因でこうなったのか?
どうすれば直るのか?

いろいろ調べてみたところ、Microsoftコミュニティで有用な情報を見つけた。
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-performance/windows/85d1de2e-5eb0-42b7-bb9f-98622f1d82cf

これによると、
「Windows Update 後の再起動処理で何らかの原因で問題が発生し、レジストリが破損してしまうことが原因のようです。」
とのこと。
確かに、私のPCはスリープから復帰した後、調子が悪くなる事があり、その時はシャットダウンができなくなる事がある。
10分以上待っても「シャットダウンしています」のままになり、キー操作を受け付けなくなる。
仕方がないので、電源ボタンを長押しして強制終了するか、リセットボタンを押していた。
良くないとは思いつつも、いつも再現できる訳ではないので原因が特定できずにいた。
おそらくこれが悪かったのだろう。

海外サイトの情報を参考にしてみては、とのこと。
http://social.technet.microsoft.com/Forums/windowsserver/en-US/ab15d601-0e38-4f9d-ab7f-5ad5ceda2a43/failed-to-connect-to-a-windows-service-group-policy-client-service?forum=winserverGP
これの#6に、レジストリを操作する解決策が書いてあった。

英語があまり得意ではない私だが、どうにかこの情報を読みながら、レジストリをいじってみた。
その結果、エラーメッセージが出なくなった。
せっかくなのでその時の手順を書いておくことにする。

1. レジストリエディタを開く。
Win+R → "regedit"

2. 左画面で、以下の位置まで移動する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Svchost

3. Svchostの配下に、20個くらいのキー(≒サブフォルダ)が並んでいるが、
この中に GPSvcGroup というキーが無かったので、作成した。
(Svchostを右クリック → 新規 → キー)

4. GPSvcGroup を開く。
右画面に、(規定) REG_SZ (値の設定なし) と表示される。

5. 左画面のGPSvcGroupを右クリック → 新規 → DWORD(32ビット値)
右画面で 新しい値#1 を AuthenticationCapabilities に書き換える。
AuthenticationCapabilities をダブルクリックし、[値のデータ]に3020と入力。(10進数なら12320)

6. 同様に、左画面のGPSvcGroupを右クリック → 新規 → DWORD(32ビット値)
右画面で 新しい値#1 を CoInitializeSecurityParam に書き換える。
CoInitializeSecurityParam をダブルクリックし、[値のデータ]に1と入力。(10進数でも16進数でも1)

最終的に下図のようになる。
レジストリエディタ

7. レジストリエディタを閉じて、PCを再起動。
(Windows8のシャットダウンは、実は休止に近い挙動をするので、この場合は再起動の方が良い)

以上の操作をしたところ、「Group Policy Clientサービスに接続できませんでした」のエラーが出なくなり、
息子のアカウントでログインできるようになった。

一応、イベントログとサービスを確認してみた。
イベントログにはエラーが出なくなった。
サービスでは、Group Policy Clientサービスが「実行中」になった。
サービス(適用後)
めでたしめでたし。

Paq

忘れっぽい中年プログラマが、日々の開発作業の中で、忘れると困ることを書き留めています。